引越しを依頼するときにはどの引越し業者に依頼すればいいのかが分からないというような人がいるでしょう。今回は大きく分けて

  • 大手引越し業者
  • 中小引越し業者
  • 軽貨物運送業者

の3パターンの業者の特徴について紹介していきます。どちらの業者にしてもメリットとデメリットの両方が存在しますので、それを考慮して選ぶようにします。

大手引越し業者の特徴

大手引越し業者というのはサカイ引越センターなどテレビのCMなどで流れてくるような有名な業者です。
依頼者が引越しの見積もりを行う時にはまず大手引越し業者に依頼することが多いです。大手引越し業者は全国展開しており各地に営業所がありますし、車両や設備、人材、万一の補償、サービスに至るまで引越しに関することであれば安心して任せることができます。引越し作業のみならず不用品回収やエアコンの取り付け取り外しなどのオプションサービスも種類が揃っています。しかしながら、全体的に経費はそれなりにかかっているために料金は割高になる傾向にありますが、サービスの充実度については言うまでもありません。

中小引越し業者の特徴

中小引越し業者というのは地域に密着した中小規模の業者で、一番数が多い業者です。中小引越し業者は大手引越し業者に比べますと全体的に低料金でやってくれることがあり、混み合わない時期に依頼すると大幅に値引きを受けることができます。
企業努力によってサービスの充実度が大手とほとんど変わらないというような業者も中にはあります。

しかしながら、業者によってサービスの充実度については差が大きいです。もしかするとサービスの充実度について一番当たり外れが大きいかもしれませんので、しっかりと見積もりを取って選ぶようにしてください。荷物を破損した時の補償と追加料金については特に注意するべきです。

軽貨物運送業者の特徴

軽貨物運送業者というのは個人経営の軽トラックを使用した運送業者です。近距離で規模が小さい引越しであれば他の2つに比べて圧倒的に安くでき、自分でトラックをレンタルして引越し作業を行うよりも場合により安いこともあります。しかしながら、トラックの運転手しか作業員がいないために荷物運びを手伝う必要が出てきますし、梱包に必要な段ボールなどは自前で用意する必要があります。
荷物についてはトラック1台で350Kgしか積むことができません。他の2つに比べて引越しに関するサービスについては劣りますが、荷物さえ運んでくれればいいという人には充分に使うことができます。